ITコンサルをめざした日々

地方のITコンサルの質があまりにまだらなので、自分でも少しがんばってみようかと・・・

仕事で使うクラウドソフトと2段階認証

インターネットを使用したクラウドアプリを積極的に使うことをおススメされるコンサルティングの方が多いように感じます。

基準はビジネスで使える機能であるかどうか。値段は格安なんでいいでしょって言われるんですよ。

それでいいのですが、もっと最初に考えることがあると思っています。

その機能を使うための設定をするときに認証システムに問題がないかです。

銀行のインターネットによる口座照会などをされている方にはよくわかっていただけると思うのですが、ユーザー名とパスワードを入力のあと、1分くらいしか使えないパスワード(ワンタイムパスワードといいます)を入力する仕組みがあります。
これの場合、もしユーザ名とパスワードが盗難を受けても、このワンタイムパスワードが盗難をされないかぎりその機能を使うことができません。

この機能を2段階認証といいます。

この機能がないとクラウドアプリに入っているデータは丸裸同然なのです。

最近SMB向けコンサル業をされている方でこの辺を軽視されている方を多く見受けます。

この辺の認識がコンサルさんの一つの見極め方なのかもしれません。