ITコンサルをめざした日々

地方のITコンサルの質があまりにまだらなので、自分でも少しがんばってみようかと・・・

ビジネスメール詐欺がいまいち知られない理由

今年のはじめにJAL3.8億円被害に遭ったビジネスメール詐欺がありました。

結構な額のため少しは騒がれたのですが、今はさほど騒がれずいろんな方とお話しても考慮したルールを作られていることが皆無です。

例えば、メールで連絡や情報を交換する場合に先にメールアドレスを公開しない。
メールアドレスはドメインメールでなく、フリーメールやプロバイダーメールだったりします。

そのメールアドレスの所有者が正しいか不正かわかりかねます。

この場合、ビジネスメール詐欺の踏み台対象になりかねません。

こんな話の場合送り主が「私はできている」「私はそんな被害に遭わない」という過信・慢心を持っていることがほとんどです。

いまや多くの人が年齢や経験、地位名誉などにより上下関係を作るのではなく、みんなフラットな関係を保つ必要があるのだと思います。

人とのやり取りは面倒でも丁寧に、人の話はよく聞くことが大事です。