ITコンサルをめざした日々

地方のITコンサルの質があまりにまだらなので、自分でも少しがんばってみようかと・・・

IT化から見た日報の役割

日報とその管理方法を見ると会社の方針が見えてきます。
社長も一緒に頑張ろうという会社では、日報に未来の事を書かそうとするし、社長が管理したがる場合は起こった事を書かそうとします。地方の中小企業に多いタイプです。

最近のITを導入できるのは前者のタイプです。

これからのスケジュールを書き出してみんなで最善を作り出そうとしているのなら、それをコミュニケーションツール(グループウェアって最近言わないですよね)に登録する事でより効率的にスケジュールできます。また最近はAIを使った行動提案ができるようになったので、効率的な行動をよりしやすくなっています。

ただ、これは全てパソコンやスマートフォンが使える前提。

あれだけパソコンやスマホが普及していても業務で使うことは困難な人が中小企業では半分以上しめています。あまり体感できませんが、誰かが補っているのが中小企業です。

例えばスケジュールをスマホに入れてる人っている案外少ないと思います。

「必要ないです」って言われますが、スケジュール用の手帳は持っていたりします。

予定時間前に呼び出し音鳴らしたり名刺交換履歴を管理したり大変便利なのですが、そこまで使われていないのではないでしょうか。

そんな人たちをいかに効率的にパソコンやスマートフォンを使えるようにするかの教育の計画もしっかり考えなくてはいけません。

意外にコストはかかるのですが、長期的考えるのならまず使うべき機能です。